【エコバックス】猫飼いさんにおすすめのロボット掃除機DEEBOT N8+とは?

ねこ
記事内に広告が含まれています。

いつもありがとうございます。

掃除機に拭き掃除。毎日の掃除が大変…

我が家でも掃除は大変です。

猫と一緒に暮らしていると、少しサボるだけですぐ毛だらけになってしまいます。

なるべく手間をかけずに掃除がしたい…

そんな願いを実現してくれるのが「ロボット掃除機」。

メーカーや機種も多く、どれを選べばいいのか悩んでいる方も多いと思います。

今回は我が家で使用している、「ECOVACS(エコバックス) DEEBOT N8+」をご紹介します。

猫の毛や猫砂をしっかり吸引しつつ、同時に拭き掃除までしてくれる優れ物です。

この記事はこんな方におすすめ
  • 毎日の掃除を楽にしたい
  • 拭き掃除まで手が回らない
  • コスパの高いロボット掃除機を探している
  • ベッド下まで掃除したい

ECOVACS(エコバックス)

どんな会社?

ノエル先生
ノエル先生

家庭用ロボットメーカーの老舗、それがNECOVACS(ネコバックス)だぜ!

ノエル先生、ECOVACS(エコバックス)です…

  • 1998年設立
  • 家庭用ロボットの総合メーカー
  • 世界52の国と地域に家庭用ロボット製品を提供

どこの国のメーカー?

ECOVACSは中国のメーカーです。

え、中国メーカーって大丈夫なの…?

もちろん大丈夫です。なぜならECOVACSは、家庭用ロボット掃除機世界シェア「第2位」。

  • 第1位 : iRobot (ルンバ)
  • 第2位 : ECOVACS (DEEBOT)

そして何より、私自身が「DEEBOT N8+」が毎日使っていて、その使用感に満足しています。

ECOVACS DEEBOT N8+

価格

  • 通常価格 69,800

下記のように14,000円OFFクーポンが発行されていることが多いです。

実質的には、55,800円と考えてよいと思います。

Amazon商品ページより引用
チェック
ノエル先生
ノエル先生

さらにお得なクーポンが発行されていることがあるぜ!

2023/8/12には、20,000円OFFクーポンが発行されていました。

私が購入した経緯

もともと、次の機能を持ったロボット掃除機を探していました。

  • 自動ゴミ収集機能付き
  • 水拭き掃除ができる

検討をかさねた結果、要件を満たしつつ低価格である「ECOVACS DEEBOT N8+」に決定。

2023年7月の「Amazonプライムデー」で、43,450円で購入しました。

ノエル先生
ノエル先生

参考までに、当初購入検討していたのは次の4候補だったぜ!

商品名メーカー自動ゴミ収集拭き掃除
ルンバ j7+iRobot×
ルンバコンボ j7+iRobot
Eufy RoboVac L35 Hybrid+Anker
DEEBOT N8+ECOVACS

Amazonビッグセールでの価格は?

直近のセールでは、2024年1月の初売りがもっともお買い得でした。

セール時期価格
プライムデー(7月)2023年7月43,450
プライム感謝祭(10月)2023年10月44,800
ブラックフライデー(11月)2023年11月44,800
初売り2024年1月42,800
Amazon BIGセール時の価格
ノエル先生
ノエル先生

さらに初売りでは、ロボット掃除機が+5%ポイントUp対象だったぜ!

特長

  • 吸引と水拭きを同時に
  • 自動ゴミ収集
  • パワフルな吸引力
  • 高精度マッピング

吸引と水拭きを同時に

出典 : ECOVACS Amazon販売ページ

ゴミの吸引と水拭きを、同時に行うことができます。

部屋の隅っこのゴミも、回転ブラシがうまく拾い上げてくれます。

自動ゴミ収集

出典 : ECOVACS Amazon販売ページ

掃除完了後、本体側にたまったゴミを収集機が吸い上げます。

最大75日分収納可能とのことですが、我が家では2か月で紙パック交換が必要になりました。

パワフルな吸引力

出典 : ECOVACS Amazon販売ページ

2300Paの強吸引力!と言われても、あまりピンときませんよね…

ノエル先生の落とし物(猫の毛や猫砂)は、問題なく吸い取ってくれます。

カーペット類のない我が家では、十分な吸引力です。

吸引力(猫吸い)なら、ウチの下僕も負けてないぜ?

高精度マッピング

出典 : ECOVACS Amazon販売ページ

高精度マッピングにより、部屋の形状や間取りを測定して効率よく掃除してくれます

ECOVACS HOMEアプリで見た我が家のマップ

もしマッピング精度が低いと、次のような問題が起こります。

  • 何度も同じ場所を掃除してしまう
  • 掃除できていない場所が出てしまう

ECOVACS DEEBOT N8+ 実使用レビュー

我が家では「DEEBOT N8+」を4か月間、ほぼ毎日使用中

実際に使って感じた、デメリットとメリットをご紹介します。

デメリット

  • ランニングコスト
  • 自動ゴミ収集時の音が大きい
  • 段差でエラーが発生することも

ランニングコスト

消耗品として、紙パックが必要です。

ECOVACS純正品の紙パック
  • 3枚入り 2,560(2023/7/30時点)

我が家では2か月で紙パック交換が必要だったので、1か月あたり 416.7掛かる計算です。

ノエル先生
ノエル先生

うーん、そこまで高くはないけどもうちょっと安くならないのかだぜ?

安心してください!

互換品(ECOVACSではないメーカー製)の紙パックが、Amazonなどで販売されています。

  • 10枚入り 2,560(2023/10/11時点)

1か月あたりのコストは、なんと128 (純正品の1/3以下)

ちゃんと使えるなら、価格は安い方がよいですよね。

Amazonの口コミでは高評価を得ていて、特に問題なく使用できそう。

「百聞は一見にしかず」ということで、実際に試してみました。

まったく問題なし。ちゃんと使えています!

純正品互換品差額
1枚あたり833.3256.0577.3
1か月あたり416.7128.0288.7
12か月あたり5,0001,5363,464
我が家(猫1頭)の場合のランニングコスト 純正品 vs 互換品

自動ゴミ収集時の音が大きい

掃除中の音はあまり気になりません。

ただし自動ゴミ収集時に、かなり大きな音がするのでご注意を。

ゴミ捨てを開始します」の音声が合図です。

初めての自動ゴミ収集の際、ノエル先生は爆音にびっくりして一目散に逃げていました…

今はすっかり慣れて、まったく気にしていない様子ですけど(笑)

ノエル先生
ノエル先生

べ、別にビビってなんてないぜ?

段差でエラーが発生することも

車輪が空転してしまうエラーが、1度だけ起きました。

事件現場はこちら

畳とジムマット(黒)の段差をうまく超えることができず、エラー停止してしまいました。

このようなエラーが発生しやすい場所は、アプリから侵入禁止エリアとして設定できます。

赤点線部分が侵入禁止エリアです

メリット

  • ベッド下までキレイに
  • 毎日の水拭きで、床さらさら
  • 年間30時間以上の時短
  • ゴミ捨てかんたん

ベッド下までキレイに

猫は狭くて暗いところが好きですよね。

ノエル先生も例外なく、よくベッド下に潜り込んでいます。

DEEBOT N8+購入前。よく見るとホコリが目立つ…

ベッド下がどんなにホコリまみれだろうと、ノエル先生はお構いなし。

掃除が行き届いていないベッド下に入ってしまうことに、抵抗を感じていました。

しかしDEEBOT N8+導入以降、手間をかけずにキレイな状態をキープできるように。

今は「どんどんベッド下に潜ってください」という感じですね!

「DEEBOT N8+」の本体高さは 93mm です。

ベッド下すき間に入れるのか?を購入前に確認することをおすすめします。

毎日の水拭きで床さらさら

毎日拭き掃除するのは、かなり大変ですよね。少なくとも私には無理でした……。

DEEBOT N8+は、吸引と水拭きを同時に行ってくれます

拭き掃除にはモッププレートを使用しますが、掃除前後の比較画像がこちら。

Before : 新品なので真っ白
After : モッププレートがうす汚れています。しっかり拭き掃除された証拠
ノエル先生
ノエル先生

こんなに床が汚れていたなんて驚きだぜ…

毎日水拭きしてくれるおかげで、床がさらさらになったように感じます。

アプリから吸引力や水量を調整できます。

ECOVACS HOME
ECOVACS HOME
開発元:Ecovacs
無料
posted withアプリーチ

床がびちゃびちゃになってしまうようなトラブルもなく、快適に使用できています。

年間30時間以上の時短

毎日掃除機をかけていた時間が、まるっと浮きます。

1日5分掃除機をかけていたとして、1年で1,825分。年間約30時間の時短に。

ノエル先生
ノエル先生

1日(24時間)以上を掃除機に費やしていたと思うと、ぞっとするぜ…

1年のうち、丸1日以上が自由な時間になるって結構すごいことです。

もちろん、ロボット掃除機が入りこめない猫トイレのまわりや家具裏などは、別途掃除が必要です。

ゴミ捨てかんたん

デメリットで挙げた「ランニングコスト」の裏返しとも言えるメリット。

紙パック式であるゆえの手軽さですね。

古い紙パックを取り外し、新しいものを取り付けるだけでOK。

2か月に1回とはいえ、かんたんにゴミ捨てできるのはうれしいポイントです。

まとめ

今回は、我が家で大活躍中の「ECOVACS DEEBOT N8+」について紹介しました。

あらためて、この製品のデメリット・メリットは次の通り。

デメリット
  • ランニングコスト
  • 自動ゴミ収集時の音が大きい
  • 段差でエラーが発生することも
メリット
  • ベッド下までキレイに
  • 毎日の水拭きで、床さらさら
  • 年間30時間以上の時短
  • ゴミ捨てかんたん

我が家にはカーペットがないため、カーペットに関わる機能については評価対象外です。

ECOVACS DEEBOT N8+で、ロボット掃除機導入を検討してみてはいかがでしょうか?

コストパフォーマンスが高く、大満足。自信を持っておすすめします。

ノエル先生
ノエル先生

年間30時間以上の自由時間をGETして、有効活用しましょうだぜ!

それでは今回はここまで。少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました