【ターキー】ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア 実体験レビュー

ねこ
記事内に広告が含まれています。

いつもありがとうございます。

ターキー(七面鳥)は、日本ではあまりなじみのない食材ですよね。

欧米のクリスマスによく食べられているやつ…?

ターキーといえばクリスマス

ぐらいの認識しかなかったのですが、今回調べてみると…

  • 高たんぱく
  • 低脂肪
  • ミネラル豊富

であることがわかりました。

海外ではとても身近な食材で、キャットフードの原料としてもよく使用されています

ピュリナワンにもターキーがあることがわかったので、これは試してみるしかない!

ということで、今回は「ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー」の実体験レビューについてご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • 避妊・去勢済み猫を飼っている
  • ピュリナワンについて知りたい
  • 愛猫にいつまでも健康でいてほしい

実体験レビュー

ノエル先生の食べっぷり

食べ始めて2週間ほど経ちますが、毎日よく食べてくれています。

チキンと比較しても、食べっぷりに遜色なし

ターキー独特のクセ?を心配していましたが、全く問題ありませんでした。

ノエル先生
ノエル先生

ノープロブレムだぜ!

ノエル先生の様子

フードをターキーに切り替えた後の調子はよさそうです。

毛づやはよいですし、ウンチも軟便ではなくコロっとしています。(適度な水分が含まれている)

今のところ、吐き戻しもありません

ノエル先生
ノエル先生

ウンチの写真は自粛させてもらうぜ!

ターキー

粒は3種類。三角形の粒だけ、色味が薄いです。

粒の大きさはチキンより少し大きいですが、小粒なので食べやすそうです。

チキン

特長

特長は次の3つです。

  • 体重管理
    • 低脂肪・低カロリー設計で、体重管理をサポート
  • 毛玉ケア
    • 天然の食物繊維を配合し、毛玉をケア
  • 尿pHコントロール
    • ミネラルバランスの調整により、尿pHをコントロール

今回比較しているチキンも「避妊・去勢した猫向け」であり、基本的な特長は同じです。

原材料

原材料として、ターキーが最も多く含まれています

合成着色料・香料は添加されていません。

ターキー、チキンミール、コーングルテン、米、脱脂大豆、とうもろこし、大豆たんぱく、セルロース、牛脂、酵母、大豆外皮、たんぱく加水分解物、キャノーラミール、ほうれん草、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

引用 : Amazon販売ページ

保証成分

チキンよりもたんぱく質の割合がやや高く、脂質がやや低めです。

成分ターキーチキン
たんぱく質38 %以上37 %以上
脂質8.5 %以上9 %以上
粗繊維5 %以下6 %以下
灰分9 %以下8.5 %以下
水分12 %以下12 %以下
炭水化物27.5%27.5%

炭水化物は「100-(たんぱく質+脂質+繊維+灰分+水分)」で計算

その他の含有栄養成分

成分ターキーチキン
カルシウム1.0 %以上0.6 %以上
リン0.9 %以上0.5 %以上
マグネシウム0.12 %0.1 %
ビタミンA10.000 IU/kg記載なし
ビタミンC記載なし59 mg/kg以上
ビタミンD800 IU/kg記載なし
ビタミンE100 IU/kg447 IU/kg以上
タウリン0.15 %0.1 %以上

チキンはピュリナワンホームページに記載された値です。

一方、ターキーはホームページ上に情報がなかったため、商品パッケージの値を参照しています。

明記されていない成分があったり、「以上」表記有無があったりしました。

単純比較が難しそうなので、ご参考までに。

ランニングコスト

まずは結論。ランニングコストはチキンの方がやや優れています

ターキー・チキンとも、4.4kgの販売価格は同じ4,228円。(2023年9月23日時点)

ノエル先生
ノエル先生

公平を期すために4.4kg販売価格での比較だぜ!

4.4kg販売は「Amazon.co.jp限定」です

給与量を比べてみると、チキンに比べてターキーが少し多めでした。

猫の体重ターキーチキン
3kg55g50g+5g
4kg70g65g+5g
5kg90g80g+10g
6kg110g100g+10g
給与量比較
ターキーチキン
1日あたり105.70円96.09円9.61円
1か月あたり3,171.00円2,882.73円288.27円
6kg猫の場合の比較

デメリット

Amazon限定販売

ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー」はAmazon限定販売

2022年3月の商品リニューアル以降、通常販売はなくなってしまったようです。

ただ、キャットフードは重いので、実店舗で購入すると結構大変ですよね。

Amazonなどネットで購入して、玄関先まで届けてもらう方がよいと考えています。

ノエル先生
ノエル先生

手間と時間の節約になるぜ!

4.4kg販売しかない

ターキーは4.4kg販売しかありません。(2023年9月時点)

そのため、少量試してみたいというニーズにはちょっと不向きかもしれません。

「チキン」や「サーモン&ツナ」のように2kg販売があれば、より試しやすいのですが…

前述の通り、チキンをよく食べていたノエル先生は、ターキーもよく食べてくれました

まずはチキンを試し、その後でターキーを試してみる、という手も「あり」かと思います。

チキンに限っては800g(400g×2)もあるので、より試しやすくなっています。

メリット

栄養成分

冒頭でも述べた通り、栄養成分面でターキーのよいところは次の3つです。

  • 高たんぱく
  • 低脂肪
  • ミネラル豊富

猫は厳格な肉食のため、我々人間などの雑食動物より、多くのたんぱく質が必要です。

筋トレしている私(人間)としても、ターキーを食べたくなってきましたが(笑)

Amazonで購入できる

完全にデメリットの裏返しです。

Amazonを日常的に利用される方にとって、大きなメリットです。

ほしいときにポチっと購入して、翌日に届いてくれるのはとても便利。

例えば

キャットフードをなくなりそうだけど、週末まで買いに行けない…

のような問題もなくなります。(我が家で昔、よくありました…)

Amazon「定期おトク便」を利用すれば、

  • 10%OFF (おトク便の数によっては15%OFF)
  • 2か月に1回など、定期配送されるので買い忘れなし

というメリットを得ることもできちゃいます。

まとめ

今回は「ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー」の実体験レビューについてご紹介しました。

高たんぱく・低脂質なキャットフードをお探しなら、「ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー」を試してみてはいかがでしょうか?

愛猫の健康を、キャットフードでサポートしていきましょう。

これまでピュリナワンシリーズをいろいろ試していますが、ハズレなし!

ピュリナワンの他のシリーズも気になる…

という方は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

それでは今回はここまで。少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました