【猫学】猫は寝る場所をどうやって選んでいるのか調べてみた

ねこ
記事内に広告が含まれています。

いつもありがとうございます。

猫は1日の多くを寝て過ごしています。

寝る場所は毎回同じではなく、その時々で寝る場所を選んでいるように見えます。

一体どうやって寝る場所を選んでいるのでしょうか?

今回は猫の寝る場所選びの基準を調べてみたので、ご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • 猫の寝る場所の選び方を知りたい

東京都在住 ノエル先生(9)の場合

1日の半分以上を寝て過ごしているノエル先生。

ノエル先生が寝る場所には、いくつかの定位置があります。

また、日中と夜とでは寝る場所が異なります。

日中

ノエル先生をよく観察してみたところ、5つの場所で寝ていることが多いです。

  • キャットタワー(ハンモック)
  • お気に入りのクッション
  • 下僕の椅子
  • 下僕の膝の上(冬季限定?)
  • 窓際
最も頻度の高いキャットタワー(ハンモック)

夜間

下僕(人間)と同じベッドで一緒に寝ます。 

最近は、ほぼ決まったルーティーンがあります。

ノエル先生 就寝ルーティーン
  1. 下僕A(ブログ筆者)の布団に入って寝る
  2. しばらくすると移動
  3. 下僕Bの布団で寝る

もしかしたら、1は規則正しい生活を手に入れた恩恵かもしれない…

やっぱり、規則正しく暮らすといいことがありますね!

私が規則正しい生活を手に入れた方法を知りたい方は、こちらも参考にしてください。

寝る場所選びの基準4選

猫様はどうやって寝る場所を決めているのでしょうか?

気になって、夜しか眠れそうもありません…

ノエル先生
ノエル先生

下僕が昼寝など1,000,000年早いぜ!

温度

なんとなく想像はしていました。

快適な温度環境でぐっすり眠りたいのは人間も同じ。

暑くもなく寒くもない、快適な温度の場所を好みます。

ノエル
ノエル

疑いの余地なしだぜ!

安全性

これも納得です。

野生が残る猫なら、身の危険を感じるところで眠ったりしないでしょう。

静かで見通しが良い、安全な場所を選びますよね。

ノエル
ノエル

他の動物・人間から妨害がないか、要チェックだぜ!!

高さ

猫といえば、高いところが好き!

「キャットタワー(ハンモック)」で寝ていることが多いのもコレが理由でしょう。

非常に納得で、前述の「安全性」とも密接に関わっていると思います。

ノエル
ノエル

おう、上から見下しモードだぜ?

香り

最後は香り。猫様は自分の臭いがついた場所を好みます。

自分の縄張り・所有物であることを確信するため、自分の臭いを残すのです。

帰宅後、下僕の足元にすりすりしてくれるのも同じ理由でしょう。

ノエル先生
ノエル先生

いや、臭いじゃなくて「匂い」な?

まとめ

今回は猫の寝る場所選びの基準を調べたことをご紹介しました。

猫様ごとに個性があり、絶対的な正解はないかもしれません。

それでも下記4つの基準で、選んでいる可能性は高いです。

  • 温度
  • 安全性
  • 高さ
  • 臭い香り

暖かい季節になると、膝上で寝てくれる機会が減ってしまいそうなのは悲しいところ。

早く暖かくなってほしい反面、さびしくもある今日この頃でした。

サービスタイムだぜ?

それでは今回はここまで。少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました