【無印良品】靴下を1種類に統一するとQOLが爆上がりします | 体験談

ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

いつもありがとうございます。

服に靴に合わせた靴下を選ぶのって、意外と大変ですよね。

靴下選びって地味に面倒…しかし私は、靴下選びを約5年前に卒業しました!

靴下を1種類に統一する生活スタイルを続けています。

これにより、3つのメリット得られ続けているので具体的にご紹介します。

この記事はこんな方におススメ
  • 毎日のファッションコーディネートを楽にしたい
  • QOL(生活の質)を向上させたい
  • 少しでも無駄な時間をなくしたい
ノエル先生
ノエル先生

靴下を1種類に統一するメリットを、実体験をもとにお伝えするぜ!!

私の靴下事情

無印良品のグレー、アンクル丈の靴下を愛用中。

my靴下たち。左右の区別なし (お見苦しかったらスミマセン…)

昔から靴下は必要数をまとめて新調し、古いものをまとめて捨てることが多いです。

過去の私はその際、なぜかすべて違う色・模様を選んで購入していたんですよね…

例えば3足990円の靴下を購入する場合、

  • ホワイト×無地
  • ブラック×ボーダー
  • ネイビー×水玉

のように、必ず違う色や模様をひとつずつ選んでいました。

同じもの複数持ちはNGという、思い込みでもあったのでしょうか…

しかし靴下を1種類にしてから、困ったことは1度もありません

個人的には、メリットしかないと言っても過言ではないと感じています。

デメリット

とはいえ、デメリットを強いて言えば「飽きが来るかもしれない」こと。

違う靴下を履きたくなってしまうことが、もしかしたらたまにはあるかもしれません。

ノエル先生
ノエル先生

違う靴下が履きたいってケースは、あまりなさそうな気がするぜ!

メリット

  • 時間の節約
  • 管理が楽
  • コーディネートが楽 (不要)

靴下だけでなく、Tシャツなどでも同じことが言えます。

時間の節約

毎朝「どの靴下にしようかな…?」と悩む時間がなくなります。

いやいや、靴下選びぐらいで大げさでしょ…

こう感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしほんのわずかな時間も、塵も積もればマウンテン!

例えば1回の靴下選びに10秒かかるとして、1年で約1時間浪費していることになるのです。

また靴下が1種類になっていれば、「毎回同じモノ」を「同じように買い替えればよい」ので

  • どこで買おうか?
  • どんなもの (色・形・模様など) を買おうか?

と、悩む時間が完全になくなるのです。

ノエル先生
ノエル先生

ふふふ、オレサマも毎日同じホワイトソックスを履いてるぜ?

ノエル先生自慢のホワイトソックス (1足のみ)

管理が楽

毎朝、タンスなどの収納からランダムに2枚取り出すだけでOK。

洗濯が終わって収納するときも、組み合わせを気にする必要はありません

靴下のペアをくるっとひとまとめにする、あの面倒な作業にサヨナラです。

靴下たちが収納される様子 (再びお見苦しかったらスミマセン…)
ノエル先生
ノエル先生

最高に「ストレスフリー」ってやつだぜ!!

コーディネートが楽

1種類しかないので「コーディネートとは…?」状態。

楽というより、むしろ不要になります。

靴下の色はモノトーンにしておくのがおススメ。どんな服・靴にも合います。

形は好みのものを選べばOK。

私の場合、次の理由により今の靴下にたどりつきました。

項目選ばれたのは…?理由
グレー白は汚れが目立ちそうなだから
アンクル丈昔からずっとアンクル丈を履いているから
メーカー無印良品ほしいときに入手しやすい (最近はローソンでも購入可能)

アンクル丈を選んでいるのは、仕事柄スーツをまったく着ない!という事情もあります。

ノエル先生
ノエル先生

時間の節約に通ずるところもあるぜ!

まとめ

今回は靴下を1種類に統一することで得られるメリットについて、ご紹介しました。

もう1度まとめると下記の通り。

靴下を1種類に統一!メリット3選
  • 時間の節約
  • 管理が楽
  • コーディネートが楽 (不要)

デメリットは「飽きが来るかもしれない」点ですが、個人的には特に感じません。

靴下を1種類にすることでさまざまな「無駄」がなくなり、QOLが向上すること間違いなし!

かなり自信をもっておススメできます。

ノエル先生
ノエル先生

下僕よ、最後にひとこと言っておく。
お前の靴下、だいぶくたびれてきてるぜ…?

下僕
下僕

はい、そろそろ買い換えます…

ここまで読んでくれたあなたも、靴下を1種類にする快適さを体感してみませんか?

それでは今回はここまで。少しでもお役に立てればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました