【私服の制服化】時間とお金を節約できる手法とは?実アイテムも紹介

ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

いつもありがとうございます。

毎日の服選びって、意外と時間がかかりませんか?

私も以前は、毎朝だいぶ苦戦していました…

現在は私服を制服化したことで、その悩みから解放されました。

今回はそんな「私服の制服化」について、私の実例を交えて紹介させていただきます。

余計な時間、さらにお金まで節約できるためおすすめです。

この記事はこんな方におすすめ
  • 服のコーディネートに悩んでいる
  • 朝の身支度を時短したい
  • 余計なお金を節約したい
  • QOLを向上させたい

私服の制服化

私服の制服化とは、「毎日着る服を制服のように決めてしまうこと」です。

デメリットとメリットについて紹介します。

デメリット

デメリット
  • 飽きてしまう可能性がある

飽きてしまう可能性がある

毎日同じ服を着るため、人によっては飽きてしまう可能性があります。

私服を制服化してしばらく抵抗がありましたが、今は慣れました。

当時の私は、他人の目を必要以上に気にしすぎていたんだと思います。

ノエル先生
ノエル先生

自分が思うほど、他人は自分のことは見てないぜ?

メリット

メリット
  • 身支度時間を節約できる
  • 被服費が減る
  • 収納スペースを少なくできる
  • 大規模な衣替えが不要になる
  • 「決断疲れ」の回避

メリットの方が、圧倒的に上回っていると思います。

身支度時間を節約できる

毎日着るものに悩む時間に5分掛かっていたとします。

すると1か月で2.5時間1年で30時間以上の時間を費やしていることに。

私服が制服化され、毎日着るものが決まっていればこの時間がまるっと浮きます。

ノエル先生
ノエル先生

朝の5分は超貴重だぜ!

被服費が減る

昔は、いろいろな服を購入してクローゼットがあふれ返っていました。

思い返すと、買ったはいいものの結局あまり着ない服も結構ありました。

私服を制服化できていれば、本当に着る服だけをピンポイントで購入することができます。

その結果、無駄な買い物が減り被服費が抑えられます

ノエル先生
ノエル先生

浮いたお金はもちろん「ちゅ~る」だぜ?(お約束)

収納スペースを少なくできる

前述の通り、昔はクローゼットが服だらけだったこともありました。

入りきらない服のために新たなスペースを設けたり、新しく収納用品を買ったり…

家の限られたスペースが不要な服のために占領されることになる始末。

私服の制服化によって服を必要最低限に絞れば、収納スペースも最小限で済みます。

大規模な衣替えが不要に

必要最低限の服だけならば、衣替えの手間はほとんどかかりません。

私の場合BEEFY-Tとin.Tは夏だけでなく、オールシーズンで着用。

冬でも、BEEFY-Tの上にカーディガンやパーカーなどの長袖を羽織るスタイルです。

2023年3月の写真。このときはBEFFY-Tの上にadidasジャージを着ていました。
ノエル先生
ノエル先生

nyadidas(ニャディダス)だぜ!

そのため、夏服の衣替えはハーフパンツをしまうぐらいで済むようになりました。

決断疲れの回避

人間は1日に35,000回も決断しているそうです。

決断すればするほど脳が疲れ、重要なことに集中できなくなってしまうと言われます。

毎日着るものが決まっていれば、少なくとも服選びにおける決断が不要になります。

ノエル先生
ノエル先生

まさに省エネだぜ!

「制服」紹介

トップス(Tシャツ)編

HanesのBEEEY-T(白)とGUNZEのin.Tの組み合わせです。

BEEEY-Tは3着、in.Tは2着で着回しています。

別記事にまとめているので、詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

2023年9月、最強BEEFY-Tに挑戦者が現れました。

Amazon EssentialsのTシャツについてはこちらをチェック。

20回洗濯するとどうなるのか?についてもまとめています。

トップス(カーディガン)編

UNIQLOのスウェットカーディガンです。

朝晩の寒暖差が激しいときに一着あると、とても便利です。

お手入れも楽なのでおすすめ。

トップス(フルジップパーカー)編

UNIQLOのフルジップパーカーです。

上述のカーディガンとあわせて、秋冬シーズンに大活躍してくれています。

パンツ(ズボン)編

  • ハーフパンツ×3本
  • ロングパンツ×2本

ハーフパンツ

3本ともユニクロのギアショーツです。

ナイロン製で軽く、運動するときにも問題なく履ける点が気に入っています。

トップスが白Tなので、色の組み合わせを気にする必要がありません

通常は2,990円ですが、2年ぐらい前のセール時にまとめ買いしました。

ロングパンツ

2本ともグラミチ(Gramicci)のパンツです。

グラミチのパンツはとても動きやすく、気に入っています。

どちらも同じ型のパンツで、使いまわししやすい黒とグレーを購入しました。

ソックス(靴下)編

無印良品のアンクルソックス(グレー)で統一中。現在は合計4足。

こちらも別記事にまとめてあるので、詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

アンダーウェア編

BODY WILD(ボディワイルド)の3Dボクサー。現在合計4枚で生活中。

究極のフィット感でおすすめです。

シューズ(靴)編

シューズは4足所持しています。

夏場はサンダルが多いです。もう3年目なのでそろそろ買い換えたい…

ちょっとしたお出かけやランニングで、「NIKE FREE RUN2」をよく履きます。

「スタンスミス」はここぞというときしか履かず、最近はちょっと出番が少なめ。

トップスとパンツが無地なので、どんな靴/サンダルでも大体マッチします。

革靴は主に冠婚葬祭用。1年に1回履くかどうかのレベルですね。

バッグ編

通勤から休日のおでかけまで、このバッグのみ。

リュックとトートの2Way仕様で使い勝手抜群です。

詳しくは別記事で紹介しているので、詳細はこちらをチェックしてみてください。

手袋編

冬場の必需品。このグローブがあれば、スマホ操作も自転車移動も超快適です。

スタイリッシュな見た目も気に入っています。

まとめ

今回は「私服の制服化」について、ご紹介しました。

私服の制服化によって、得られるメリットはかなり大きいです。

メリット
  • 身支度時間を節約できる
  • 被服費が減る
  • 収納スペースを少なくできる
  • 大規模な衣替えが不要になる
  • 「決断疲れ」の回避

まずはできる範囲で、制服化を検討してみてはいかがでしょうか?

時間とお金が節約でき、QOLが爆上がりすること間違いなし

それでは今回はここまで。少しでもお役に立てたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました